小さいシミが顔全体に出現します。
子供のころに出現するのが特徴です。1回のレーザー治療でほぼ完全に消すことが出来ますが、
再発することがあります。時間はかかりますがレーザートーニングで治療することもできます。
『シミ』と一口に言っても色々な種類があります。代表的なものとして、肝斑・日光黒子・そばかす(雀卵斑)
・両側性遅発性太田母斑(ADM)などがあり、それぞれ治療法が全く違います。
どの種類のシミなのか診断が出来て初めて有効な治療が出来ます。
お問い合わせはこちら
医療法人伯鳳会
産科婦人科小国病院
п@079−284−0381
ご予約はお電話またはWEBで♪

http://yoyaku.oguni-hp.com
【料   金】
ADMの密度によって違います。
・約2万円〜10万円
〈効果・流れ〉
治療の効果は約6ヶ月かかってゆっくり現れる為、6ヶ月以上間を空けて1〜3回行います。

レーザー治療を行うと、かさぶたになったり内出血を起こしたりしますが、かさぶたは約10〜14日で
自然に取れてきます。かさぶたを無理に取ってしまうと色素沈着を起こしやすいため、創傷被覆材などで
保護しておきます。
〈アフターケア〉
かさぶたが取れた後は、以下のようなアフターケアを行います。
  ・紫外線をガードする。
  ・こすったりする刺激を避ける。
  ・塗り薬(ハイドロキノン)を塗る。
こうしたアフターケアをしっかりすることで、色素沈着が起きる危険性を減らします。
両ほほや、まぶたを中心に出現する、紫がかった点状のシミです。
青あざ(太田母斑)の一種とも言われています。肝斑と間違われやすいシミです。レーザー治療が唯一の
治療法とされています。ほぼ完全に消すことが出来ますが、時間がかかるのが特徴です。
【料   金】
そばかすの密度によって違います。
約2万〜10万

【治療後】

【治療前】

効果・流れ〉
レーザー治療を行うと、かさぶたになります。かさぶたは約10〜14日で自然に取れてきます。
無理に取ってしまうと色素沈着を起こしやすいため、創傷被覆材などで保護しておきます。
〈アフターケア〉
かさぶたが取れた後は、以下のようなアフターケアを行います。
  ・紫外線をガードする。
  ・こすったりする刺激を避ける。
  ・塗り薬(ハイドロキノン)を塗る。
こうしたアフターケアをしっかりすることで、色素沈着が起きる危険性を減らします。
もし色素沈着が起こったとしても、3〜6ヶ月で自然に消えることがほとんどです。
〈レーザートーニング〉
他のシミが混ざっている場合、かさぶたになるのを避けたい場合、色素沈着が怖い場合は、
肝斑と同じようにレーザートーニングをお勧めしております。
治療回数は多くかかりますが、安全かつ目立たないという利点があります。
【料 金(税別)】
シミの大きさによって変わります。
直径1cuあたり                  \10000
レーザートーニングを行う場合    1回(顔全体)\12000

【治療後】

【かさぶたの状態】

【治療前】

〈効果・流れ〉
 日光黒子は、ほとんどの場合、1回のレーザー治療で消すことができます。
 レーザー治療を行うと、かさぶたになり、 約10〜14日で自然に取れてきます。
 無理に取ってしまうと色素沈着を起こしやすいため、創傷被覆材などで保護しておきます。

〈アフターケア〉
 かさぶたが取れた後は、以下のようなアフターケアを行います。
  ・紫外線をガードする。
  ・こすったりする刺激を避ける。
  ・塗り薬(ハイドロキノン)を塗る。
 こうしたアフターケアをしっかりすることで、色素沈着が起きる危険性を減らします。
 もし色素沈着が起こったとしても、3〜6ヶ月で自然に消えることがほとんどです。

〈レーザートーニング〉
 日光黒子が多数ある場合は、肝斑と同じようにレーザートーニングをお勧めしております。
 以下のような利点があります。
  
・かさぶたができないので、人の目を気にしなくて良い。
  ・1個ずつ治療するより、結果的に安価で治療できる。
  ・色素沈着を起こす可能性が非常に低い。
  ・同時に肌質の改善も見込める。

 治療回数が多くかかってしまうという問題はありますが、それを補って余りあるメリットがあります。
境目がはっきりとした濃いシミです。
紫外線が原因と言われています。ほとんどの場合一回のレーザー治療で消すことが出来ます。しかし、薄いものが多数ある場合は、レーザートーニングをお勧めしています。
両ほほを中心に出現するぼんやりとしたシミです。
30代〜40代のアジア人女性に多くみられます。
原因については、女性ホルモンの影響、摩擦や化学物質による刺激、紫外線などの関与が指摘されていますが、まだ完全にはわかっていません。
通常のレーザーは効かないどころかかえって悪化させることがありますがレーザートーニングを行えば高確率で改善させることが出来ます。
肝斑の詳しい治療の流れはこちら。