医療法人藤森医療財団 小国病院
Tel.079-284-0381
小国病院
〒670-0952 兵庫県姫路市南条2丁目23番地

形成外科

レーザーのご紹介


当院で使用するレーザー:メドライトC6は、アメリカ製の最新型QスイッチNd:YAGレーザーです。
最大の特徴は、今まで不可能とされてきた肝斑(かんぱん)のレーザー治療(レーザートーニング)が可能な点です。
通常のレーザーは肝斑には無効どころか、悪化させてしまいます。レーザートーニングの出現によって、一般的には治療が難しいとされてきた肝斑の治療成績を大きく向上させることが出来ました。
肝斑以外にも幅広い治療が可能であり、メドライトC6のみで大部分のシミ、そばかす、あざを治療することができます。
ケガ・皮膚炎などの後に起こる色素沈着(黒ずみ)についても効果を発揮します。
また、刺青(タトゥー)の除去に関しても優れた効果を発揮します。
姫路市だけでなく、近隣の都市(神戸市・明石市・加古川市・赤穂市など)からも多くの方が受診されております。

診療日・時間


毎週土曜日 午前診のみ 9:30~13:00
*予約優先

担当医

勝部 璃子
内田 達也
(隔週交代で診察)岡山大学病院より

料金(税別)

初診料¥3,000 再診料¥1,000

レーザートーニング

顔全体¥12,000/回

タトゥー・シミ

1c㎡~10c㎡ ¥10,000/回
10c㎡以上¥1,000/c㎡ 上記に追加

しみの種類と治療

『しみ』にも様々な種類があります。代表的なものとして、
・肝斑
・日光黒子(老人性色素斑)
・そばかす(雀卵斑)
・ADM(両側性遅発性太田母斑)
などがあり、それぞれ治療法が全く違います。どの種類のしみなのか診断が出来て初めて有効な治療が出来ます。

肝斑


両ほほを中心に出現するぼんやりとしたシミです
詳細はこちら

日光黒子(老人性色素斑)


境目がはっきりとした濃いシミです
詳細はこちら

そばかす(雀卵斑)


顔全体に出現する小さいシミです
詳細はこちら

ADM(両側性遅発性太田母斑)


両ほほや、まぶたを中心に出現する、紫がかった点状のシミです
詳細はこちら

刺青 (タトゥー)


刺青(タトゥー)の治療として、昔は皮膚ごと切除したり皮膚移植を行ったりしていました。しかし、傷跡が大きく残ってしまう問題がありました。皮膚を移植した部分はパッチワークのようになり、継ぎ目や色むらが目立ち、皮膚を取った部分にも傷跡が残ってしまいます。確かにタトゥーを除去することはできますが、これでは満足のいく結果とは言えません。

現在ではレーザー治療が優れた治療法と言えます。当院のレーザー(メドライトC6)は刺青(タトゥー)に対して効果が高いレーザーのひとつです。

必要な治療回数は、色素の深さ・量・種類などに影響されますが、2回~10回程度です。手彫りのタトゥーは、浅い部分に色素が入っていることが多く比較的取れやすいですが、機械で彫ったタトゥーは、深い部分まで色素が入っていることが多く、やや取れにくい傾向にあります。

レーザー治療を行ってから3か月ほどの間に色素が少しずつ分解され吸収されていきます。そのため3か月以上治療間隔を空ける必要があります。回数にもよりますが、治療期間は半年から3年ほどです。

1回の治療の流れ

★レーザー治療を行う前に麻酔クリームやテープを貼って痛みを抑えます。
十分に麻酔を行えば、小さなお子様でも我慢できる程度の痛みまで抑えられます。

★レーザー治療を行うとかさぶたになります。かさぶたは10日~14日で自然に取れてきます。
かさぶたを無理に剥がしてしまうと色素沈着を起こしやすいため、絆創膏覆材などで保護します。

★かさぶたが取れた後は以下のアフターケアを行います。
・紫外線をガードする
・こすったりする刺激を避ける
・塗り薬(ハイドロキノン)を塗る
このようなケアを丁寧に行うことで色素沈着を防ぎます。

料金(税別)

1c㎡~10c㎡ ¥10,000/回
10c㎡以上 ¥1,000/c㎡ 上記に追加
※広範囲の場合は診察時に相談

あざ

青あざ(太田母斑)の治療

レーザー治療でほぼ完全に消すことが出来ますが、時間がかかるのが特徴です。
レーザー治療の効果は約3か月~6か月以上かかってゆっくり現れます。そのため、治療は3~6か月以上間を空けて約4~10日で自然に取れてきます。かさぶたを無理にとってしまうと色素沈着を起こしやすいため、創傷被覆材などで保護します。かさぶたが取れた後は以下のようなアフターケアを行います。

・紫外線をガードする
・こするなどの刺激を避ける
・塗り薬(ハイドロキノン)を塗る

このようなアフターケアを丁寧にすることで、色素沈着が起きる危険性を減らします。

料金(税別)

青あざの密度によって違います。
・約2万円~10万円
健康保険適用はできません。
全額自己負担となります。

茶あざ(扁平母斑)の治療

従来のレーザー治療では無効であったり再発したりすることが多く、治るのは約2~3割と言われていました。近年レーザートーニングの有効性が報告されており、従来のレーザー治療では無効だった例にも効果があることが分かってきました。

まず従来のレーザー治療でテストを行います。行うと、かさぶたになります。かさぶたは約10~14日で自然に取れてきます。かさぶたを無理に取ってしまうと色素沈着を起こしやすいため、創傷被覆材などで保護します。

この時点で全く効果がない場合、再発した場合は、レーザートーニングを行います。

料金(税別)

あざの大きさによって変わります。
・直径1c㎡あたり ¥10,000
健康保険適応はできません。
全額自己負担となります。